冬になるとかかとにひびが入ることがありますよね? そのままの状態にしておくと出血して、歩くだけで激痛を伴うことがあります。 そんなやっかいなかかとのひび割れの改善法は以下の通りです。 ・はちみつを使う ・軽石でこする ・保湿剤を使う ・酢を使う ぬるま湯の中にはちみつを入れて、足を浸しておくことで、乾燥を防ぐことができますし、皮膚を柔らかくすることも可能です。 またはちみつには殺菌作用もあるので、細菌感染の予防にもなります。 かかとを軽石でこすることによって、硬くなった角質を除去し、皮膚を柔らかくすることができます。 ただ、強くこすりすぎると危険なので様子を見ながら優しくこするようにしてください。 入浴後に保湿剤を使ってかかとに潤いを与えましょう。 効果的に保湿を行うためにも入浴後すぐに化粧水や乳液を使用するようにしてください。 かかとを酢で洗うと乾燥を予防することができます。 ぬるま湯に酢を入れて、45分前後足を浸けてください。